噂の”3Dプリンタ醤油皿”を作ってみた

Twitterで流れて来たネタですが、面白そうなので自分でもやってみました。

スポンサーリンク

早速作ってみた

基本的な作り方はリトフェイン作りとほぼ同じです。

リトフェインとの違いは、濃ゆい処を薄く作ること。(リトフェインは逆ですね)

更に、醤油がこぼれない様にフチが必要となります。

手順はこんな感じ。

  1. JPGから濃度を深さへ階調変換させたSTLデータを作る。
  2. DesignSpark Mechanical 2.0でSTLデータを読み込み、フチを作る。
  3. 出来たデータを再度STL出力して、3Dプリンタでプリント。

早速、自分のTwitterアイコンを3D化してみました。

3Dプリント後、ヒゲやゴミを取り除き、水で洗浄したのがコレ。

使用3Dプリンタ:BS01+改
使用フィラメント:Verbatim ABS ホワイト
積層ピッチ:0.1mm
Infill:20%

Infill 20%なので、水が漏れないか心配でしたが、天井厚めにしてる設定のお蔭か隙間は出来なかった模様。

醤油を入れてみる

では、早速、我が家の薄口醤油で試します。

うーん・・・味が薄口だからって、色も薄い訳では無いですね。 当たり前か(笑)

半分くらい捨てて、水で薄めてみました。

うん、結構イイ感じになりましたね。

素晴らしい!!

醤油皿として使うのは止めといた方が良さそう

凸凹部分が細かいので、本当に醤油皿として使と、何かの拍子に欠けて一緒に食べてしまうかも知れません。

PLAなら万が一食べても・・・という人も居らっしゃるかも知れませんが、個人的にはちょっと遠慮しちゃうかなぁ・・・(笑)

ちなみに、水で洗った程度だと醤油の汚れがしっかり残ります。

この汚れを落とすのは結構大変だと思います。

Verbatim ABSフィラメント

明成化学ABSフィラメント

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログをフォローする