Obniz用オリジナルケース(STLファイル)

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

このファイルの説明

「Obniz」用のオリジナルケースの3Dプリント用STLデータになります。

 

※ご注意:「Obniz」の公式データではありません。あくまでユーザーメイドの参考補助部品です。自己責任としてご利用願います。

詳しい使い方はコチラ↓を参照ください。

JavaScriptでネットと現実を繋ぐIoT端末「Obniz」のケースを作ってみたよ(STLデータ公開有り)
うっかり気絶してまた新しいIoT端末をポチってしまいました。 今度のブツは、JavaScriptでネットと現実を繋ぐIoT端末「Obniz」! でも、「Obniz」は基板剥き出しなんですよね・・・M5Stackなどのケース入り端末に慣れてしまったせいか、ケース欲しい!! と言う事で、今回は「Obniz」をオシャレに持ち運べるケースを作ってみたお話です♪ ...【続きを読む】

 

ライセンス条件

権利放棄はしておりません。(CC BY-NC-SA 4.0)
活用されるに当たっての、ライセンス・注意事項については下記リンクを参照ください。
配布しているデータ等のライセンス、注意事項について
ライセンスについて 本サイトに掲載しているデータ等のライセンスの扱いは下記のとおりとなります。 この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。 (ご参考:ライセンスの日本語要約) 注意事項について(ライセンス条項) 本サイト内の配布データを利用される場合は、ご自身でよく検討し、...【続きを読む】

 

ダウンロードファイル

ダウンロードされる方は、この下に「kitto」と入力して下さい。

※bot対策でパスワード設定しています。

※zip圧縮してありますので、解凍してご使用下さい。

 

ファイルの内訳

Zipファイル内には下記のSTLファイルが入っています。

 

Obnizケース 表側カバー

ファイル名:Obniz_Case2_2_Case_Top.stl

 

Obnizケース 裏蓋(紐通し穴有り)

ファイル名:Obniz_Case2_2_Case_Btm_clip.stl

 

Obnizケース 裏蓋(穴無しスッキリ)

ファイル名:Obniz_Case2_2_Case_Btm.stl

 

3Dプリント時の注意点

この向きでプリントすればサポート無しでプリント出来ると思います。

 

発熱によって歪む可能性があるので、PLA素材でのプリントはお勧めしません。

ABSかPETGなどの素材が望ましいでしょう。

 

今回は下記メーカーのPETGフィラメント(のピンク)を使用しました。

 

充填率は30~50%で十分でしょう。

 

プリント補足情報

使用CAD:DesignSpark Mechanical 4.0
使用3Dプリンタ:J&Tテクノロジ JT-28-004-II改
使用フィラメント:サインスマート PETG ピンク
使用スライサー:Simplify3D ver4.1.1
ノズル穴:0.4mm
積層ピッチ:0.2mm
プリント温度:235℃
充填率:30%