RaspberryPiケース for Pi Zero1.3(STLファイル)

スポンサーリンク

このファイルの説明

Raspberry Pi Zero用ケースの3Dプリント用STLデータになります。

カメラ用のフレキコネクタが追加された新型Pi Zero(ver1.3)に対応しています。

初代Pi Zeroもサイズは同じなので使用可能です。

※ご注意:RaspberryPi財団の公式データではありません。あくまでユーザーメイドの参考補助部品です。自己責任としてご利用願います。

関連記事はコチラ↓

RaspberryPiZero用のケースを作成してみた(STLデータ公開有り)
RaspberryPiZero用のケースを作成してみた(STLデータ公開有り)
先日Raspberry Pi2/3用ケースをご紹介しましたが、もっと小型のRaspberry Pi Zero用のケースもご紹介しようと思います。 カメラ用のフレキコネクタが追加された新型Pi Zero(ver1.3)に対応しています。

※ライセンス、注意事項については下記を参照ください。

配布しているデータ等のライセンス、注意事項について
配布しているデータ等のライセンス、注意事項について
ライセンスについて 本サイトに掲載しているデータ等のライセンスの扱いは下記のとおりとなります。 この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。 (ご参考:ライセンスの日本語要約) 注意事項について(ライセンス条項) 本サイト内の配布データを利用される場合は、ご自身でよく検討し、全て自己責任で行ってください。本サイト内の配布データを利用された結果生じた如何なる損害も保障しません。(できません。...

ダウンロードファイル

裏蓋が2タイプ、上蓋が3タイプありますので、お好みに合わせて組み合わせてご使用ください。

PiZero_case_2_Zero_Base_A.stl

zero_base_a

裏蓋Aタイプ(一般的なケース形状です)

PiZero_case_2_Zero_Base_B.stl

zero_base_b

裏蓋Bタイプ(固定用のM3ネジ穴が一つ付いてます)

PiZero_case_2_Zero_IO_Cover.stl

zero_io_cover

上ケースのI/Oスロットカバー

PiZero_case_2_Zero_Top_Basic.stl

zero_top_basic

上ケースの標準タイプ(I/Oスロット付き)

PiZero_case_2_Zero_Top_NoIOSlot.stl

zero_top_noioslot

上ケースのI/Oスロット無しのノッペリとしたタイプ

PiZero_case_2_Zero_Top_withCPUHole.stl

zero_top_withcpuhole

上ケースのCPUヒートシンク用の穴が付いたタイプ

ダウンロードされる方は、この下に「kitto」と入力して下さい。

※bot対策でパスワード設定しています。

※zip圧縮してありますので、解凍してご使用下さい。

3Dプリント時の注意点

上ケースのプリントでは、IOスロット部の中空部分にサポートを使いました。dsc03761

必要な充填率は、コレクションボックスの中身の重量と使用フィラメントの特性にもよりますので、一概には言えませんが、例として私はInfill 50%で作っています。気になる方は多めにした方が良いでしょう。

上カバーと下蓋はパッチンと嵌る様にしているつもりですが、バリが出ている場合は嵌め合いがキツくなりますので、十分にバリ取りして下さい。I/Oスロットカバーも同様です。

補足情報

使用CAD:DesignSpark Mechanical 2.0
使用3Dプリンタ:idbox!
使用フィラメント:Verbatim PLA ホワイト
使用スライサー:Simplify3D ver3.02
積層ピッチ:0.15mm
プリント温度:200℃
充填率:50%
スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログをフォローする