M5Stack壁掛けシステム(STLファイル)

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

このファイルの説明

「M5Stack」用壁掛けオプションパーツの3Dプリント用STLデータになります。

 

「M5Stack Basic」で使用できます。

(確認しておりませんが、形状が同じ「M5Stack Gray」でも使用可能と思われます。 使う場合は自己責任でお試し下さい。)

※ご注意:「M5Stack」の公式データではありません。あくまでユーザーメイドの参考補助部品です。自己責任としてご利用願います。

 

タイプによって部品の組み合わせがありますので、コチラ↓の関連記事をよく読んでプリントして下さい。
https://kitto-yakudatsu.com/archives/5284

 

※ライセンス、注意事項については下記を参照ください。

配布しているデータ等のライセンス、注意事項について
ライセンスについて 本サイトに掲載しているデータ等のライセンスの扱いは下記のとおりとなります。 この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。 (ご参考:ライセンスの日本語要約) 注意事項について(ライセンス条項) 本サイト内の配布データを利用される場合は、ご自身でよく検討し、...【続きを読む】

 

ダウンロードファイル

ダウンロードされる方は、この下に「kitto」と入力して下さい。

※bot対策でパスワード設定しています。

※zip圧縮してありますので、解凍してご使用下さい。

 

ファイルの内訳

Zipファイル内には下記3つのSTLファイルが入っています。

 

「M5Stack」壁掛けシステム(簡易Ver)

ファイル名:M5Stack_Holder_WallHolder.stl

 

「M5Stack」壁掛けシステム(ガッチリVer)の「壁掛けベースプレート」

ファイル名:M5Stack_Holder_WallBase.stl

 

「M5Stack」壁掛けシステム(ガッチリVer)の「壁掛けベースフレーム」

ファイル名:M5Stack_Holder_BaseFlame_forWallMount.stl

 

3Dプリント時の注意点

「簡易Ver」は、サポート無くても特に問題なく普通にプリントできると思います。

「M5Stack」のホールドが弱い場合は充填率を上げてみる等(フィラメントの柔らかさ次第ですが・・・)、工夫してみてください。(私は明成化学のABSフィラメントを使い、充填率30%としてます)

 

「ガッチリVer」は、「壁掛けベースプレート」の溝の部分にサポートが必要になると思います。

「壁掛けベースフレーム」の方は、裏のM3ネジ頭の部分(4ヶ所)にサポートが必要かも知れません。

それぞれ、各自の3Dプリンタの特性に合わせて、工夫してみてください。

 

補足情報

使用CAD:DesignSpark Mechanical 2.0
使用3Dプリンタ:BS01+改
使用フィラメント:明成 ABSブラック
使用スライサー:Simplify3D ver3.11
ノズル穴:0.3mm
積層ピッチ:0.1mm
プリント温度:230℃
充填率:30%