「Oculus Go」稼働時間延長アイテム「ちょんまげ君」を作ってみた!(STLデータ公開有り)

「Oculus Go」をスタンドアローンなまま稼働時間を延長するアイテムを作ってみました!

名付けて「ちょんまげ君」!!

モバイルバッテリーを固定するだけのアイテムですが、後頭部・頭頂側にモバイルバッテリーを配置出来る構造なので、重量バランスが良く、装着しててもそんなに疲れないという優れものです。(当社比w)

ちゃんと充電してたのに、「Oculus Go」で遊ぼうとすると結構バッテリー残量減ってる経験ありませんか?

勝手にスリープ解除して電池が減ってる「知らんウチに幽霊がOculus Goで遊んでた」現象は悩みモノです。

電池足りないなら、microUSBケーブル繋いで充電しつつ使う手もありますが、折角のスタンドアローンVRなのに紐で繋がれるのはまっぴら御免です! Oculus Goのポリシーに反します! やってはいけない行為です!(言い過ぎw)

そんな悩める貴方に向けて、当サイト技術陣(私)が総力を結集して作った「Oculus Go」稼働時間延長アイテム!

その名も『ちょんまげ君』!! ここに颯爽デビュー!!

<ご参考>「Oculus Go」を買って浮かれてる記事はコチラ↓

お手軽スタンドアローンVR機「Oculus Go」買いました♪
「Oculus Go」イイっすねぇ~♪ 「PSVR」は遊ぶのに諸々準備が必要ですが、スタンドアローンVRな「Oculus Go」は被るだけで即使える気楽さがなんとも素晴らしいのです!! という事で、今回は「Oculus Go」買ったゼ! ウェーイ!!なお話です。

スポンサーリンク

「ちょんまげ君」の概要

もう十分伝わってると思いますが(笑)、少しだけ補足します。

対応モバイルバッテリーはAnker PowerCore Fusion 5000

単純に私の手持ちモバイルバッテリーがコレだったという理由ですが、Ankerのベストセラーモデル「PowerCore Fusion 5000」専用となります。

え、「PowerCore Fusion 5000」持ってないって? なら、買いましょう!

容量は少な目ですが、USB充電器とセットになってるので、コレだけでOculus Goの充電もモバイルバッテリー自身の充電も完結します。

USB充電器持ち歩く必要も無いので、荷物も減って万々歳です。買わない理由がない。

後頭部上から頭頂付近まで自由に装着出来て、寝転んで使用可

「Oculus Go」の最高の売りであるゴロ寝VRを阻害しません。

スタンドアローンVRなんだから、当然でしょ! えへん!

microUSBケーブルはマグネットタイプを推奨

「Oculus Go」を被った状態でmicroUSBケーブルを挿すのは、相当無理があります。

また、microUSBケーブルを挿した状態で寝転んでしまうと、仰向けから横向きになった際に無理に力が掛かってmisroUSBコネクタを壊してしまう恐れがあります。

これらの問題への対策として、マグネットタイプのmicroUSBケーブルの使用を推奨します。

ちなみに、私はコレ↓を使ってます。

近付けるだけでパチーン♪と嵌るので超楽です。

更にアダプタタイプなので、組み合わせるmicroUSBケーブルが自由に選べて、短めのケーブルも使えます。(マグネットタイプのケーブルは1m以上の長いのしか存在しないので。。)

3Dプリントデータのダウンロードリンク

今回ご紹介した3Dデータ(STLファイル)はコチラ↓に置きました。

ちょんまげ君(STLファイル)
このファイルの説明 「Oculus Go」用のモバイルバッテリー固定アイテム「ちょんまげ君」の3Dプリント用STLデータになります。 「Oculus Go」と「Anker PowerCore Fusion 5000」の組み合わせで使用できます。 ※ご注意:「Oculus」「Anker」の公式データではありません。あくまでユーザーメイドの参考補助部品です。自己責任としてご利用願います。 使用時の注意事項が他にもありますので、コチラ↓の関連記事をよく読んでプリント...

著作権は放棄しておりませんので、ライセンス事項、3Dプリント時の注意点と併せてご参照ください。

「ちょんまげ君」の使い方(装着方法)

事前準備

まずは3Dプリントのバリ・ヒゲをしっかり除去しましょう。

続いて、セロテープを用意します。(必須では無いですが推奨作業です)

下記写真の部位をセロテープでぐるっと巻きます。

この作業は「Oculus Go」のベルト滑りを良くする為と、積層方向の割れ防止・補強を兼ねています。

モバイルバッテリーとの仮組み

続いて、モバイルバッテリーPowerCore Fusion 5000を用意します。

本番装着の前に、モバイルバッテリーにちゃんと嵌るか仮組してみましょう。

写真の向きで、モバイルバッテリーに「ちょんまげ君」を差し込んでください。

「ちょんまげ君」がモバイルバッテリーに対して緩すぎる場合は、セロテープやクッション等で隙間を調整して下さい。

※3Dプリント時の収縮はフィラメントによって差があるので、ある程度緩めにしてあります。

位置決め機構は特にありませんので、写真を参考に位置合わせして下さい。

上手く入れば、こんな感じ↓になります。 ボタンが押せてLEDが見えるのが正常です。

ACアダプタもこんな感じで起こせる筈。

ちゃんとUSBケーブルが穴越しに刺さることを確認しましょう。

USBコネクタが当たって根本まで挿さらない場合は、カッター等で「ちょんまげ君」の穴サイズを大きくしてください。

このUSBコネクタ穴は脱落防止機構を兼ねてます。「ちょんまげ君」使用時は必ず穴越しに挿してください。

モバイルバッテリーとの仮組がOKでしたら、いよいよ「Oculus Go」へ装着しましょう。

「Oculus Go」への装着

まずは「Oculus Go」の頭頂部ベルトを外します。

「Oculus Go」から頭頂部ベルトを完全に引っこ抜きます。

次に「ちょんまげ君」に頭頂部ベルトを差し込みます。

差し込み向きがありますので、写真をよく見て差し込んでください。

最後にモバイルバッテリーを装着して完成です。

「ちょんまげ君」と「Oculus Go」を装着した姿(ご参考)

「ちょんまげ君」有りで「Oculus Go」を使用するとこんな感じになります。

USBコネクタを穴越しに挿すことで、モバイルバッテリーが横に抜け無い様にしてあります。

まとめ

・「ちょんまげ君」(とモバイルバッテリー)があると、スタンドアローン状態のままで「Oculus Go」の稼働時間が劇的に伸びます。

・「知らんウチに幽霊がOculus Goで遊んでた」現象に悩む貴方にオススメ。

・Anker PowerCore Fusion 5000を持ってない人は、この際買っちゃいましょう!

さて、次は何作ろうか!?

Anker PowerCore Fusion 5000

Umiwe マグネットUSBアダプター 2in1 Type C+Micro USB 変換 コネクタ

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログをフォローする