「Nature Remo nano用壁付けホルダー」の商品説明ページ

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

概要

ホッチキスで簡単に取り付け出来る「Nature Remo Nano」専用の壁付けホルダーです。

 

販売リンク

BOOTHの販売リンクはコチラ↓

Nature Remo nano用壁付けホルダー - きっと何かに役立つでしょ!? - BOOTH
Nature社の「Nature Remo nano」専用の壁付けホルダーです。 ※他のNature Remoシリーズには使用出来ません。 180°開くタイプの事務用ホッチキスを使って取り付けるので、日本の住宅に多い石膏ボード壁に簡単に取り付け出来ます。 (ホッチキス針はとても細いので、外した際の痕が目立ち難いのが特徴です) ホッチキスの針が通らない壁の場合は、本ホルダーを両面テ...【続きを読む】

 

対応機種

対応する機種は、Nature社の「Nature Remo Nano」です。

※他のNature Remoシリーズには使用出来ません。

created by Rinker
Nature Remo
¥3,780 (2024/06/19 16:42:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

特徴

ホッチキスでの簡単取り付け

ホルダーはホッチキス(ステープラー)や両面テープなどで簡単に壁付け出来る様になってますので、「Nature Remo nano」を簡単!安全!に壁付け出来ます。

 

「Nature Remo nano」に直接両面テープを貼って壁に固定するのも一つの方法ですが、気軽に付け外し出来なくなりますよね?
この壁付けホルダーを使えば、そんな心配をしなくて済みますよ♪

 

更に言うと、日本の住宅で良く使われてるクロス生地の壁紙は両面テープにとても弱いです。

賃貸住宅でうっかり壁紙剥がしちゃうとちょっと面倒ですし、ホッチキス止めが最良の選択だと思うんです。

 

ご注意事項

Nature社の公式商品ではありません。あくまでユーザーメイドの非公式部品です。ご利用にあたっては、本ページの内容をよくご確認頂いた上で、自己責任としてお使い願います。
3Dプリント品なので、外観に多少のバリや若干の形状崩れ、糸引き、色味の違いがあることがあります。過度に外観品質が気になる方は、発注をご遠慮ください。
取り付け強度を保証するものではありません。壁から落下しないかどうかはご自身でご判断頂きご利用願います。

 

使い方

事前準備:取り付けに必要な機材

ホッチキス止めの場合は、こんな感じ↓に180度開くホッチキス(事務用10号サイズ)が必要ですので、事前に準備しておいて下さい。

尚、ホッチキスの頭のプラ部分(下の赤矢印の先の青い部分)が大きいタイプだと、壁に止める際にパーツと干渉してしまうケースもある様です。

もしお手元のホッチキスが干渉するタイプだった場合は、より頭の小さいタイプをお使い願います。

ちなみに、私はコチラ↓の商品を使っております。

created by Rinker
マックス
¥369 (2024/06/19 22:29:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

ホルダーにはホッチキス止めする為のガイド穴が開いており、サイズは10号針(一般的な事務用)に合わせてありますので、ホッチキスのサイズにもご注意ください。

(一般的な書類止めに使う事務用であれば、おそらく10号の筈です)

 

尚、一般的なホッチキスの針は錆び止め等の特殊加工はされていませんので、湿気が強い場所だと錆びが出ることがあります。

錆びが気になる方は、コチラの特殊針をお使い下さい。

created by Rinker
若林製作所(Wakabayashi)
¥628 (2024/06/19 17:19:02時点 Amazon調べ-詳細)

 

両面テープで付ける場合は、出来るだけ糊残りの少ない壁を傷めにくいモノを使いましょう。

 

商品の外観を確認する

まずは、商品の外観を確認してください。

出荷時にバリなどは出来る限り除去しておりますが、もしバリ残りがある場合はカッター等で丁寧に除去しましょう。(3Dプリント品なので、ある程度の荒れは仕方ないとお考え下さい)
尚、ホッチキスのガイド穴が開いてる部分は意図的に薄肉になっています。(肉厚だとホッチキス針の掛かりが浅くなる為)
ペラペラ感があり強度弱めに感じるかと思いますが、取り付けには支障ありませんので、ご安心下さい。

 

「壁付けホルダー」をホッチキスで壁に固定する

ガイドを目安にホッチキスで固定します。

下の写真の赤丸の薄肉部に針が通ります。その中の2本のガイドを目安にして狙って下さい。

針を挿す場所は、ガイド周辺の薄肉部(上記赤枠内)であればどこでも構いません。

 

コツは、壁に”真直ぐ押し込む”ことです。(斜めに力を掛けるとうまく針が刺さりません)

 

この様に上下の2か所をホッチキス針で固定出来たら、ホルダーの取り付け完了です!

 

後はNature Reno nanoにUSBケーブルを付けて、ホルダーに装着すれば完成です!

 

他のNature Remoシリーズ向けの商品もあるよ!

私のはNature Remoだけど、nanoじゃないのよ!と言う方はコチラ↓をご参照下さい。

ホッチキスで取り付ける「壁掛けフック」と「ケーブルホルダー」を作ってみた!
壁掛けフック用ホールがある製品ってどうやって壁に付けてますか? 画鋲を壁に挿して壁掛けしてたりしませんか? 個人的には、画鋲の痕って結構目立つんでちょっと気になるんですよね・・・なので、石膏ボードに優しいホッチキス止めの壁掛けフックを作ってみました! オマケで、電源ケーブル用のケーブルホルダーも作ってみましたので、今回はこれらをまとめてご紹介しようと思います。(BOOTHでの販...【続きを読む】

最近のNature Remoは大抵壁掛け用の穴が空いてますが、もし古いNature Remoシリーズをお持ちであれば、上記リンクの最後の方に旧モデル向けの対応商品もありますので、是非ご参照下さいませ。

 

しかし、なぜNature Remo nanoに壁掛け穴が空いてないのかは謎ですねぇ。

取り敢えず、7月の自分からの宿題が一つ消えました。

良かった良かった!