モンベルのロングテイルトレッキングアンブレラの先端キャップ(STLファイル)

スポンサーリンク

このファイルの説明

%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%99%e3%83%ab%e5%82%98%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%97

モンベルのロングテイル トレッキングアンブレラという傘用の先端キャップのSTLデータです。

結構失くしがちな部品なので、補修部品として3Dプリンタで作れる様にデータ公開します。

※ご注意:モンベル公式のデータではありません。ユーザ作成のオリジナルデータです。使用にあたっては自己責任としてご判断下さい。

関連記事はコチラ↓

モンベル傘の無くしたキャップを3Dプリントで復元してみた(3Dプリント部品STLデータ公開有り)
モンベルのロングテイル トレッキングアンブレラという傘を愛用していますが、買って数ヶ月で先端のキャップ部品を無くしました。(T_T) このままだと天井から雨水がダダ漏れします。 買い替えるのも勿体ないし・・・そうだ、3Dプリンタでキャップ部品を作ろう!!

ダウンロードファイル

ダウンロードされる方は、この下に「kitto」と入力して下さい。

※bot対策でパスワード設定しています。

 ※zip圧縮してありますので、解凍してご使用下さい。

※ライセンス、注意事項については下記を参照ください。

配布しているデータ等のライセンス、注意事項について
ライセンスについて 本サイトに掲載しているデータ等のライセンスの扱いは下記のとおりとなります。 この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。 (ご参考:ライセンスの日本語要約) 注意事項について(ライセンス条項) 本サイト内の配布データを利用される場合は、ご自身でよく検討し、全て自己責任で行ってください。本サイト内の配布データを利用された結果生じた如何なる損害も保障しません。(できません。...

3Dプリント時の注意点

ストラップを通す為の横穴が通ってますが、ネジ部分の形状を優先したいので、ネジ穴を上にして、サポート有りで造形した方が良いと思います。

ストラップを通す横穴が構造上弱くなりますので、充填率は高めにした方が良いでしょう。

また、ネジ部分の形状精度を鑑み、造形ピッチは細かめ0.1mmとかが良いでしょう。

補足情報

使用CAD:DesignSpark Mechanical 2.0
使用3Dプリンタ:BS01+改
使用フィラメント:Verbatim ABS黒
使用スライサー:Simplify3D ver???(忘れてしまいました スミマセン)
積層ピッチ:0.1mm(だったと思う・・・)
プリント温度:230℃
充填率:??(忘れてしまいました スミマセン)
スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログをフォローする