PSVRのプロセッサーユニット用縦置きスタンドを作ってみた(3Dプリント用STLデータ公開有り)

「PSVRのプロセッサーユニットを”PS4と並べて”縦置きしたい」という友人の希望を叶えるべく、サクッと3Dプリンタで作ってみました。

スポンサーリンク

PSVRはケーブルのお化け!

見ての通りです。(苦笑)

ソニー公式の配線図より)

特にプロセッサーユニット(写真赤丸)には、ケーブルが前から後ろから大量に刺さっており、スッキリ設置するのは困難でしょう。

ホント、こんなんで無理やりで商品作っちゃうソニーってある意味凄い。(笑)

プロセッサーユニットの置き方はセンスを問われる

まぁ、ケーブルのお化けでもAVラックに収めてしまえば見苦しさは隠せるので、我が家ではプロセッサーユニットはAVアンプ横の隙間に押し込んでおります。

ただ、一般的なご家庭ですと、縦置きのPS4と並べて縦置きしたくなるみたいで、こういう専用のスタンドが存在する様です。

ただ、この商品って縦置き出来るだけなんですよね。

「PS4に出来るだけ寄せてスッキリと置きたい」というニーズは満たせません。

ということで、片方を切り落としたデザインでPS4に寄せて縦置き出来るスタンドを作ってみることにしました。

オリジナルの縦置きスタンドを作ってみた

ちゃちゃっとDesignSpark Mechanical 2.0でデザインします。

んで、サクッと3Dプリント。

使用3Dプリンタ:idbox!
使用フィラメント:PolyPlus Natural
積層ピッチ:0.1mm
Infill:50%

今回は、BS01+改が故障中でしたので、サブ機のidbox!でプリントしてます。

使用したフィラメントがPLA樹脂なので経年劣化が気になるけど、問題あればABSで再プリントしてあげるとしよう。

綺麗にプリント出来ました。

PolyPlus Naturalは初めて使いましたが、ナチュラルというよりクリアカラーな感じですね。

”着色の混ぜ物入ってませんよ”という意味のナチュラルなのかしら??

いつもの様に、底面にはコチラ↓の滑り止めを張り付ける様にしています。

3Mのクッションゴムは色々サイズも選べるので、こういう小物の滑り止めにはとても使いやすくておススメです。

今回は、直径8mmのCC-04を使いました。

んで、友人提供の設置画像がコチラ。

無事にスッキリ寄せて縦置き出来た様です。

PS4本体のスタンドが邪魔で寄せきれてないけど・・・ピッタリ寄せすぎると、熱による悪影響がありそうだし、まぁしょうがないよね。

関係データのダウンロードリンク

今回の3Dデータ(STLファイル)はコチラ↓に置きました。

PSVRのプロセッサーユニット用縦置きスタンド(STLファイル)
PSVRのプロセッサーユニット用縦置きスタンド(STLファイル)
このファイルの説明 Sony PSVRのプロセッサーユニット縦置きスタンドの3Dプリント用STLデータです。 ※ご注意:本データはSony公式ではありません。あくまでユーザーメイドの参考補助部品です。自己責任としてご利用願います。 ※本記事内のファイルのライセンス、注意事項については下記を参照ください。 ※関係記事はコチラ↓。 ダウンロードファイル Zipファイル内に、以下のSTLファイルが入っています。 PS4_Camera_Stand5_Pr...

3Dプリント時の注意点と併せてご参照ください。

PSVR用タイトルは今年は充実するのか?

まだまだPSVR本体は品薄な模様。

未だに転売屋さんが幅を利かせておりますね・・・。

早く供給安定して欲しいところですが、まだまだVR対応タイトルが充実してないので焦る必要はないかも?

あ、PSVRに完全対応したバイオハザード7は1/26発売ですね。ちと興味あり。

昨年はイマイチでしたが、今年はVR対応タイトルが色々出そうで楽しみですね。

PSVR用プロセッサーユニットスタンド

3M スコッチ クッションゴム

PLAフィラメント PolyPlus

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログをフォローする