FABOOL Laser Mini組み立て精度確認用のテストデータ

スポンサーリンク

このファイルの説明

smartDIYsさんのFABOOL Laser Mini標準サイズの組み立て精度を確認する為のデータです。

FABOOLソフトウェアに読ませるSVGファイルと、参考用のPDFファイルのセットになっています。

寸法精度とXYガタツキを確認する為の「1mm寸法目盛り格子」のデータと、歪みなくスムーズに動いてるかを確認する為の「丸」のデータの2種となります。

※ご注意:本データは公式に動作保証を得る為ではありません。組み立て後にスムーズに動くかをユーザー自身で見る為のあくまで参考データです。データの解釈、カットの結果などについては自己責任となります。

関連記事はコチラ↓

FABOOL Laser Mini 3.5W (調整編)(調整用SVGデータ公開あり)
FABOOL Laser Mini 3.5W (調整編)(調整用SVGデータ公開あり)
レーザーカッターFABOOL Laser Mini 3.5Wモデルの組み立て後の調整を行ってます。 現在進行中で、まだ調整完了してない・・・。

【2016/12/07追記】FABOOL関連の記事が増えてきたので、目的別に整理した記事まとめページを作りました。最初にコチラ↓を参照下さい。

FABOOL Laser Miniの組み立て・調整の情報まとめ
FABOOL Laser Miniの組み立て・調整の情報まとめ
当サイトは「FABOOL Laser Mini, 調整」などの検索キーワードでいらっしゃる方が多いので、当サイトにおけるFABOOL Laser Miniの組み立て・調整に関連する記事を整理してみました。 "最近始めた" or "これから始める"予定の方の参考になれば。。

【2016/8/29追記】

FABOOLソフトウェアがVer0.2.2に更新された際に、カットエリアが狭かった不具合が解消されてましたので、A4相当拡大版を追加作成しました。

コチラ↓からどうぞ。

FABOOL Laser Mini組み立て精度確認用のテストデータ A4サイズ版
FABOOL Laser Mini組み立て精度確認用のテストデータ A4サイズ版
このファイルの説明 smartDIYsさんのFABOOL Laser Mini標準サイズの組み立て精度を確認する為のデータです。 FABOOLソフトウェアに読ませるSVGファイルと、参考用のPDFファイルのセットになっています。 寸法精度とXYガタツキを確認する為の「1mm寸法目盛り格子」のデータと、歪みなくスムーズに動いてるかを確認する為の「丸」のデータの2種となります。 ※ご注意:本データは公式に動作保証を得る為ではありません。組み立て後にスムーズに動くかをユーザー自身で見る為のあく...

【2016/10/8追記】

改造パーツを導入した結果、標準フレームの最大カットエリア(300×230mm)でも動作に問題ない状態になりましたので、標準フレーム限界サイズ(299×229mm)版を追加公開しました。 かなり難易度高いので、調整自慢のチャレンジャーな方のみお試しください。

コチラ↓からどうぞ。

FABOOL Laser Mini組み立て精度確認用のテストデータ 標準フレーム限界サイズ版
FABOOL Laser Mini組み立て精度確認用のテストデータ 標準フレーム限界サイズ版
このファイルの説明 smartDIYsさんのFABOOL Laser Mini標準サイズの組み立て精度を確認する為のデータです。 FABOOLソフトウェアに読ませるSVGファイルと、参考用のPDFファイルのセットになっています。 寸法精度とXYガタツキを確認する為の「1mm寸法目盛り格子」のデータとなります。(今回は「丸」版は作りませんでした) ※ご注意:本データは公式に動作保証を得る為ではありません。組み立て後にスムーズに動くかをユーザー自身で見る為のあくまで参考データです。データの解...

ダウンロードファイル

「1mm寸法目盛り格子」

270×180目盛り格子

ダウンロードされる方は、この下に「kitto」と入力して下さい。

※bot対策でパスワード設定しています。

FABOOL_組み付け精度確認用_目盛り格子_270-180_2.zip

※zip圧縮してありますので、解凍してご使用下さい。

「丸」

270×180丸

ダウンロードされる方は、この下に「kitto」と入力して下さい。

※bot対策でパスワード設定しています。

FABOOL_組み付け精度確認用_丸_270-180.zip

※zip圧縮してありますので、解凍してご使用下さい。

※ライセンス、注意事項については下記を参照ください。

配布しているデータ等のライセンス、注意事項について
配布しているデータ等のライセンス、注意事項について
ライセンスについて 本サイトに掲載しているデータ等のライセンスの扱いは下記のとおりとなります。 この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。 (ご参考:ライセンスの日本語要約) 注意事項について(ライセンス条項) 本サイト内の配布データを利用される場合は、ご自身でよく検討し、全て自己責任で行ってください。本サイト内の配布データを利用された結果生じた如何なる損害も保障しません。(できません。...

レーザーカット時の注意点

ゼロ点位置の調整が必要です

FABOOLソフトウェアで本テストデータを配置すると加工領域外エラーが出ますが、ゼロ点位置処理の問題です。微妙に右斜め下にズラすことでエラーが出なくなります。(この辺は早めのソフト改修を期待したいところ)

繰り返しカットに耐える下地を使いましょう

確認用データですので、何度も繰り返しカットすることになると思います。

素材の下敷きになる物は、十分に繰り返しカットに耐えれるモノをお使いください。下敷きが木材などの場合、素材を貫通してだんだん痛みますので、ご注意ください。

(ちなみに、私は大量に使えるコピー用紙を対象素材としており、下敷きに11mm厚のポプラ合板2枚重ねで使っています)

速度を調整した場合は出力も調整することを忘れずに

精度確認に置いては、速度を早くしてみたり遅くしてみたりすることがあると思いますが、遅くした場合はレーザーの出力を低くしないと、焦げたり燃えたりすることがあります。ご注意ください。

補足情報

2016/8/14時点でデータ作成者当人は実はまだ完全調整出来て無く、カットが完走しません。途中で段ズレしてY方向のリミットスイッチが掛かり、途中で止まってしまいます。(すごく悔しい!!)

ということで、検証が十分されてるとは思えないデータですので、その旨ご了承願います。

また、FABOOL Laser Miniは公式スペックでは、300×230mmとなっていますが、何故か最大サイズでデータを作ると加工領域外エラーが出てしまいます。

FABOOL_加工エリアSpec

ということで、本テストデータは、270×180mmのデータとなっていますので、最大サイズの確認にはなっていないことをご理解願います。

(FABOOLソフトウェアでは、300×200が初期値になってるのも謎なんですがね・・・。)FABOOLソフトウェア_加工範囲設定初期値

【2016/8/29追記】このカットエリアが狭かった不具合は、8/23付けのFABOOLソフトウェアVer0.2.2更新にて解消されました。併せて、A4相当拡大版を追加作成しましたので、コチラ↓もご参照下さい。

FABOOL Laser Mini組み立て精度確認用のテストデータ A4サイズ版
FABOOL Laser Mini組み立て精度確認用のテストデータ A4サイズ版
このファイルの説明 smartDIYsさんのFABOOL Laser Mini標準サイズの組み立て精度を確認する為のデータです。 FABOOLソフトウェアに読ませるSVGファイルと、参考用のPDFファイルのセットになっています。 寸法精度とXYガタツキを確認する為の「1mm寸法目盛り格子」のデータと、歪みなくスムーズに動いてるかを確認する為の「丸」のデータの2種となります。 ※ご注意:本データは公式に動作保証を得る為ではありません。組み立て後にスムーズに動くかをユーザー自身で見る為のあく...
スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログをフォローする