「Insta360 Go」用のネックストラップアダプタをDMM.makeマケプレに出品しました!

3Dプリント
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Insta360 Go」をもっと活躍させたくて、使用感を向上させるアイテムを作ってみました!

純正マグネットペンダントと比べて、「脱落し難い」「小型で胸元の装着感が軽い」などのメリットがあります!

DMM.makeのマーケットプレイスで販売してますので、もっと安心・お気軽な「Insta360 Go」生活をしたい方は是非使ってみて下さい!

 

世間はコロナショックで大騒ぎしているところですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

外出が憚られる中にアクションカメラのオプションアイテムを紹介するのはどうなんやろ?とか考えて保留にしてましたが、家の中でも使えなくは無い訳ですし、このまま寝かせるのも惜しいアイテムなので、年度末の本日、デビューさせることにしました!

(年始には完成してたのに、3ヶ月近くも寝かせてしまった・・・)

 

「Insta360 Go」って何?

親指に隠れるくらい小さい! 超小型サイズのアクションカメラ?です。

 

他は・・・説明書くの面倒なので、詳しいことはこの辺↓とかを読んでください。(雑ッ!)

親指サイズでも凄い!「Insta360 GO」、アクションカメラの世代交代!?【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】
GoProに代表されるアクションカメラは、2000年代初頭の映像シーンを大きく変えた「発明」であった。今となっては、モノ自体はある程度の技術力のあるメーカーなら簡単に作れる構造だが、“壊れにくい”、あるいは“壊れるのも厭わないカメラ”というコンセプト自体が、大きな発明であったわけだ。

 

映像取り出しにスマホが必要というネガがありますが(撮影は単体でも可能)、かなり低価格なのと、同梱オプションが豊富で色んな遊び方が出来るので、外で気軽にライフログ撮影したいという方にはかなりオススメな商品です。

自身のライフログを撮るだけでなく、掛けた人の首元目線で撮影出来るので、お子さんやペットに付けてそれぞれの目線を後から楽しむ!様なことも出来るでしょう! 防水なのでラフに扱えるのも良いですよね♪

 

「Insta360 Go」は同梱オプションがいっぱい付いてるヨ!

「Insta360 Go」は同梱オプションが豊富です。 ほら、こんなにいっぱい付いてくる!!(笑)

「Insta360 Go」同梱オプション類

 

でも、一番使用機会の多い(だろう)胸元撮影をする為のマグネットペンダントはちょっと微妙です。

 

「Insta360 Go」純正マグネットペンダントのココが嫌!

脱落しやすい!(うっかり無くしそう)

これ↓が「マグネットペンダント」です。

「Insta360 Go」マグネットペンダント

 

このペンダント部分の白い方に、こんな感じで「Insta360 Go」が引っ付きます。(磁石なので)

マグネットペンダントにInsta360 Goを付ける

 

要は、服の下にこのペンダントが来る様に首に掛け、服を挟む様に「Insta360 Go」を付けるという使い方になります。

・・・なのですが、服を引っ張るだけで簡単に取れちゃうんだよね。

うっかり落っことしそうな怖さがあります。(落としたのに気付かずに無くした人も居るらしい)

気軽に使いたいのに、落下・紛失に怯えて使うのは嫌だよなぁ・・・

 

ペンダント部分がデカくて、胸元の異物感が半端ない

ペンダント部分の円形がかなり大きめで・・・ぶっちゃけ邪魔です。(苦笑)

服の上から固定することで、ブラブラしない=映像がブレないということを狙っている様ですが、異物感が半端ないんだよなぁ・・・。

 

「Insta360 Go」用ネックストラップアダプタを作ってみた!

サードパーティ商品のシリコンカバー等を使えば、ネックストラップを通して首から掛けることも出来ますが、もう一歩進めたデザインにしてみました。

 

ということで、出来上がったのがコレ↓ (右の白い奴です!)

「Insta360 Go」とネックストラップアダプタ

 

こんな感じに紐を通して使います。(紐は付属しませんので、ご自分で用意して下さい)

 

「Insta360 Go」を装着するとこんな感じになります。

 

で、これを首から掛けるとこんな感じね。

 

通せるストラップ紐は、手芸用品やホームセンターなどで手に入るモノが使えます。

穴径は3.0mmなので、柔らかい素材であれば直径3mmくらいの太さまでOKです。

チェーンなどの硬めな素材を使う場合は、プリントバラつきを考慮して直径2.5mmくらいまでの太さにして下さい。

チェーンタイプは擦れ音を拾ってしまう可能性があるので、柔らかい紐の方が望ましいです。

 

特徴その1 脱落し難い!

写真を見ての通り、「Insta360 Go」をしっかり咥えてるので、簡単に脱落したりはしません!

無理に引っ張って壊さない限り、落下紛失の危険はほぼ無いでしょう。

 

特徴その2 超小型で装着感が軽い!

写真を見ての通り、ほぼ「Insta360 Go」サイズのままなので、無駄にデカくて邪魔という事はありません。(個人の主観による)

 

特徴その3 背面フックでポケットや首元に固定可能!

着ている服やストラップ紐の長さ次第でブラブラすることがあります。そういう場合は、プラプラして映像がブレるのを防ぐ為に、背面のフックを活用して下さい!

(厚手の生地だと挟めませんのでご注意!)

 

こんな感じにシャツの淵に引っかけることで、ブラブラするのを抑制できます。

シャツの胸ポケットなどに引っかけるのもアリでしょう!

 

特徴その4 「Insta360 Go」の取り付け・取り外しが簡単!

付け外しに特別な工具は必要ありません。

前後の向きを合わせて、上から「Insta360 Go」をズボっと挿してグイっと指で押し込めばOK♪

レンズの段にジャストで嵌る様になってますので、装着後にグラつく様なこともありません。

外す時は逆方向に引き抜けばOK!

 

特徴その5 付けたままでLEDも見える! ボタン操作も可能!

装着時でもインジケータLEDがちゃんと見える様になっています。

 

カメラの操作は、こんな感じに下の方を指で抓んで、直接背面ボタンを押して行います。

 

DMM.makeマケプレ販売リンク

「Insta360 Go」用ネックストラップアダプタ - DMM.make クリエイターズマーケット
「Insta360 Go」用ネックストラップアダプタの詳細。つくりたいもの、ほしいもの、ネットから3Dプリント!

 

注意事項

DMM.makeへの発注前に、必ず本ページを最後まで目を通してください。
出品の仕組み上、DMM.makeさんのプリント品質保証は当方では出来ませんので、ご納得頂いた上で発注願います。
価格は、前述リンクのDMM.makeの商品ページをご参照下さい。
納期はDMM.make次第です。
過去にテストプリント依頼した際には、発注から1週間程で納品されました。(混み具合で変動しますので、目安程度に捉えて下さい)
柔らかいナイロン素材ですが、付け外しの際に「Insta360 Go」表面に傷が付く可能性はあります。過度に傷が気になる方は発注をご遠慮下さい。
取り付け強度・耐久性を保証するものではありません。脱落しないかどうかは常にご自身でご判断頂き、自己責任で使用して下さい。
DMM.makeさんからの納品時にある程度清掃されていると思いますが、それでも粉末焼結の粉が多少残っているケースがあります。開封時に良く外見を確認して頂き、場合によっては水洗いなどしてお使いください。

 

まとめ

・「Insta360 Go」は簡単にライフログが取れる便利グッズ!

・「Insta360 Go」の落下・紛失の恐怖に怯えてる方は、この「Insta360 Go用ネックストラップアダプタ」を使えば、より安心・お気軽な「Insta360 Go」生活が出来ますよん!!

 

 

コメント