【レビュー】小さく収納できる折り畳みボストンバックを買ってみた

出先で荷物が増えた際に対応できる様に、使わないときはコンパクトに折り畳んで収納出来て、いざ使う時は大きくなるタイプのバッグを導入することにしました。

購入したのはSTARTTSのMF-04というボストンバッグです。

<ご参考>スタイリッシュなビジネスリュックを購入した話はコチラ↓

【レビュー】スタイリッシュなビジネスリュック Busy Beaver カーライルを買ってみた
【レビュー】スタイリッシュなビジネスリュック Busy Beaver カーライルを買ってみた
ずっとワンショルダータイプのバッグを使っていましたが、モバイルPCのVAIO Pro 11を無理やり詰め込んでたせいか段々型崩れしてきたので、PCも入るビジネスリュックを購入することにしました。 購入したのはBusy Beaver(ビジィ・ビーバー)のカーライルというビジネスリュックです。

スポンサーリンク

いざという時に有ると便利な折り畳み収納バッグ

普段から大きいバッグを持つのは、嵩張るのでとても嫌なんですね。

折角スタイリッシュなビジネスバッグを購入したんですから、イレギュラーな事態に対応するにもスタイリッシュに行きたいところ。

とすると、普段は折り畳んだコンパクト収納バッグをリュックに忍ばせて置くのが一番良さそうです。

色んなメーカーからコンパクト収納バッグが出てますが、たまたま出先で見掛けたのが、STARTTS(スターツ)というブランド。

幾つかのタイプがあり、いずれもコンパクトに収納できるケースが付いています。

収納ケースがミニチュアデザインになってるという、なんか変なところが凝ってる(笑)のがポイントだったり。

生地色はブラックから明るいカラーも選べます。

トートタイプ

トートタイプはこの手のコンパクト収納タイプの定番ですね。 容量拡張も出来たりと色々手が込んでます。

容量:18L(拡張時24L)

ロールボストンタイプ

今回購入したのはコレ。 ボストンバッグって、容量大きいのに丸いのであんまり邪魔にならないんですよね。

容量:40L

リュックタイプ

リュックタイプもあります。容量拡張可能。収納ケースもミニリュック形状で凝ってます。

容量:15L(拡張時19L)

キャリーオンタイプ

シリーズ最大容量のバッグ。容量拡張も可能。キャリーに載せやすい四角形状。

容量:25L(拡張時41L)

キャリーの持ち手に挟むキャリーオン機能は、ボストンなどの他シリーズにも付いているモデルがあるので、よく見てお好みのタイプを選びましょう。

今回は衣類とかも色々突っ込みたかったので、容量大きめでも邪魔にならないボストンバッグをチョイス済ましたが、箱モノお土産を衝動買いする様な方の場合は、トートやキャリーオンタイプの方が収まり良いかも知れませんね。

容量調整が出来るタイプも便利かも?

ロールボストンバッグの写真

お店で一目惚れしてお持ち帰りしたのが、ロールボストンのMF-04です。dsc01243

これで収納ケースなんですよ!? ロールボストンそっくり。(笑)dsc01251 dsc01250

収納ケースは、写真赤丸部分が付け替え可能になってるので、持ち手を入れ子にしたり状況に応じ変更できるのもポイント。 う~ん、収納ケースのクセに無駄に凝ってる。(笑)dsc01252

このまま何かに引っかけたり。dsc04683

持ち手を変えて、こんな風にリュックにぶら下げてみたり出来ます。dsc04681

では、本体を出してみます。(勿論ハサミは使いません。タグ取った時のが写り込んだだけw)dsc01253dsc01254

外側のキャリーオン部分にポケット付いてますね。dsc01255

大きさのイメージはこんな感じ。

収納ケース状態だと、先日のビジネスリュックと比較してこれぐらいのサイズ感です。dsc04679

中のロールボストン本体は流石に容量40Lだけに、ビジネスリュックを丸ごと入れても余裕アリなくらい。dsc04680

重量はキッチンメーター実測で181.5gでした。dsc04684

【20161107追記】旅行に使う機会があったので、収納した状態の写真を追加しました。

2人分の3泊分くらいの秋冬用衣類なら余裕で入りますね。dsc04733

まだ余裕ありです。 もう一泊分くらいは入りそうかな?dsc04734

お買い物好きな方は一つバッグに入れて置くと便利かも?

この手の折り畳み拡張バッグは、出先でつい買い物して荷物増やしてしまう方には必須アイテムかも知れません。

そういえば実家の母も持っていたなぁ。買い物好きは遺伝かも?(笑)

拡張トート

ロールボストン

拡張リュック

拡張キャリーオン

スポンサーリンク

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログをフォローする